スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見上げた空は・・・完結編

シャムもスイスイ
バジルもスイスイ
二人で顔を上げた平泳ぎスタイルで
談笑しながら泳いでいた。

平和なひと時、話ながらバジルが砂地に足をつけようと
体勢を変えた。!・・うそだろ・・!

足が砂に触れない!つま先さえもつかず
自転車の空こぎ状態だ。


青ざめる。

別に沖に向かっていたわけではない。
いつの間にかのその間にか!だ。

「シャム、そろそろ上がろう。砂浜に向かって泳ごう。」

「そうね。」向きを変えて二人で泳ぐ。

シャムを先頭に、バジルはシャムの後方についた。

別に海の中までレディーファーストを気取るつもりは無いけど
これにはわけがあった。



どうか、無事で砂浜にたどり着きますように・・・。

スイスイ・・・素・・・・・素の顔でシャムが振り向きざまに

「バジル大変!前に進まないわ!

「うん、わかってる。」

(足が地面につかないとわかったとき
どんどん後方に流される、イヤ、引っ張られてる感覚に
気がついて、「やばい、」と
シャムに方向転換を促したんだ。)

「シャム、むきに泳ぐな!普通に泳よぐんだ・・。」

シャムの後ろ姿を視界に入れつつ
頭の中でいろんなことを考えた。


(これは、離岸流か。速度的にはまだチャンスはある。
砂浜でバジルたちの異変に気づいている人は居ない。
声なんて届くはずも無い。・・・

「いいか、バジル。波に流されはじめたら
砂浜と平行に泳いで離岸流の帯を抜けるんだぞ!」
子供の頃に父に教えてもらった言葉が浮かぶ。

しかし、もう流れに逆らって泳いでいる中、
真横に舵を切って一瞬水の抵抗を
多く受けるけど、うまく抜けれるか?

体勢を崩して水でも飲んでしまったら・・
さらに強い海流の帯があったら・・・
心なし左右のほうが波が荒いんだ。


こんなとき、頭でわかっていても踏み切れない。
心の迷い。
一瞬、みんなこんな思いで
わかってはいるけど判断に踏み切れず
力尽きるのだろうか・・・。と、
考えてしまった。



泳ぎには自信のあるバジルだけど
そんなものは無意味・・・・腕が重く

頭の中は危険信号が、鳴りっぱなしだ。

砂浜は遠い。
後ろを見れば・・・エンドレスな水平線。


うしろ、後ろに!・・・もしかしたら・・・あるぞ!

シャム!

シャム、立ち泳ぎはできるか。
先を平泳ぐシャムを呼び止めてシャムと向き合った。

シャム、もうこのままでは浜に泳ぎつけない。
体力も尽きる。
これがラストチャンスになる。よく聞いてな。

後ろにわずかな波の盛り上がりが見える
あれが育って(大きくなって)バジルたちの後ろで
崩れることを祈ろう。

もし崩れたら、波は水面を走る。それに乗るんだ。
バジルは気にするな。思いっきりクロールして
波の勢いが切れるまで泳ぎきれ。

砂浜にたどり着いてどちらかの姿が
無かったら、助けを呼びに走るんだ。

シャムは黙ってうなずいた。

・・・・・・・・・・・・・バジル、崩れるかしら・・・
・・・・崩れる・・・・崩れろ!

普通に波が崩れる位置は、バジルたちのいる場所より
ずっと前方だ。(砂浜の近く)

バジル達がいる位置は、
普通は、波が崩れずうねりが育ちはじめるか
否かの場所・・
もうそこまで流されてた。

そんな中で、後方に奇跡のうねりが出来はじめ、
その海面の盛り上がり加減に気がつくことが出来た。


バジルたちは、その間も後ろに流される。
海面の盛り上がりは近づいてくるが、
このままその海面の盛り上がりを、
波を待つサーフボードのように、乗り切ってしまう可能性もある。

念じるしかない。

お願いだ、後ろで崩れてくれよ。
神様お願いだ。


二人の体を、波に成りかけるか否かのうねりが
大きく押し上げはじめた。

体がナナメになる。
水面が壁のように立ち上がってきたんだ。
波の頂点に近づく。

波をこえるなよ。

崩れろーーーーー。

バシャーーン!


今だ!シャムの背中を押した。
少しでも前へそんな気持ちでシャムの背中を押した。


後は無我夢中でクロール。体が波に乗って
水面を走ってる、前に進んでる感じがする。
体が浮いてスピードに乗ってる。

波の勢いが切れるまでは手を動かし続けるんだー。

だーだーだーーーーーー。



波の勢いが弱まり顔を上げる余裕もできた
砂浜に近づいているだろうか。

ここで決まる。
顔を上げた、この瞬間に・・・。
(成功か、・・・・・い・・・・・か)

シャムは・・・シャム!

顔を上げたシャムと目が合った。

砂浜もぐんと近づいている。

シャム、安心は、まだだ、このまま泳げ!

黙々と水をかくふたり。



「バジル!足がつくわ!」

と、シャムの声がした。


(まだ先だと思っていた砂地。)

そのまま砂浜に全身がたどり着くまで
泳げシャム。


バシャバシャ,  大クロール


すぐにバジルの足も砂地を確認。

水面を泳ぐ。(歩くより抵抗が無い)

前に進む。進んでる。
さっきの体が後ろに引かれる感じはないぞ!

前方には
シャムが砂浜に上がって歩き始めたのが見えた。


一気に安堵。


だけど・・・・・・もう、バジルの体は重い。

(シャムの無事を確認して気が抜けちゃったのかな。)


体が重くて泳ぐ腕先が砂についても立ち上がれない。

手のひらで砂をつかんで、ほふく前進、
波打ち際へたどり着く。

湿った砂の上をゴロゴロ・・ゴロと転がりながら
乾いた砂浜へ

天を仰いだ。
水色の青い空。ふわふわの雲。

夏の名残の乾いた砂の温度が
冷えた体にじんわりと伝わってきて
あたたかい。

どのくらいそうしていたか。

シャム笑顔が太陽をさえぎってバジルの
顔を覗き込む。


「もう、起き上がったら?」

「体が重くてまだムリ」
ごろごろ 。

見上げた・・ゴロゴロ
(じゃなくて)



いつまでも砂浜に寝そべって起き上がらないバジルに



「もう、おじいちゃんになったの」と、シャムは笑う。


そりゃないよ、シャム。

浦島太郎にしないでくれよん。



ランキングに参加しています。
押していただけるととても嬉しいです。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

見上げた空は青かった・・パート3

シャムーーーー、シャムーーーーー

あっ、シャムぅ~・・・・・ってば。

シャムは、いつの間にか浜辺で焼きそばを食べていた・・。

なーんて、わけはナイナイ!


見上げた空は青かった3




声を上げながらシャムを探すと、いつの間に離れたんだろう。

10メートルくらい離れて、波に向かって立っているシャムを発見!

シャム・・・・!!!!!シャムーーーーー(後ろにサメが!・・・んなわけ・・・)

ジャージャ、ジャージァジャジャジャジャジャジャ
迫り来るジョーズの効果音にかき消されないように
大声を上げてシャムを呼ぶが波の音に消されて
シャムの耳には届かない。

シャムの元に急いで駆け寄ろうとするけど
水の抵抗が重く激しくて前に進まないんだよー。

(夢の中で何かから逃げるときのように走る速さが
気持ちの上の早さに追いつかない・・・あのあせり(汗・・)

数メートル手前でシャムがバジルの声に気づいた!
声を探すシャム。・・・バジルの姿に気がついた!

・・・・・・・な~んか、シャムは勘違いな笑顔!
バジルを見てる。
私を好きで駆け寄ってきてる?みたいな勘違いスマイルだ。

言い訳している暇は無い。
そんなことより急げー!エッホ、エッホ!

シャーーム!とシャムに渾身の抱きつき。

渾身の抱きつきがいけなかったのか。
ここでもシャムは勘違いの延長線・・・・・

「もう、どうしたの~」なんて、何かイベントが始りそうな
感じの顔でバジルを見るし・・・・・・・・

こっちは、そんな余裕もない。

とにかく急げ、事の次第を伝えるんだ。

「シャムシャム違うんだ!動くな!そのまま動くな!」


(あせりで言葉がつながらない。断片的に浮かぶワード)


・・・あの・・その・・・水着が・・・胸が・・・・・・・!

(え~い・・・おっ)

おっぱいが見えてるよーー!


「誰の・・?」


「シャムの・・・だから動くな!そのまま下見て」

(自分の胸元を見るシャム)・・・・・・!!!!

シャムは、ようやく事態を把握した。

ここは日本だからね。

欧米の「何よ!トップレスくらい!」なんて
強気ではいられない。

シャムもこのへんの恥らい方は承知だ。

「どうしたらいいの~」とうろたえ、何がどうなっているのか
意味不明なシャムに、

「とにかくバジルの首に手を回して抱きついて
そうすれば胸は見えないから」と言ってから

水着がさっきの高波にさらわれた事、そして
その水着は幸いシャムの首にかろうじて引っかかっている事。
その水着をバジルが今手にした事。だから後は・・・

と話していると、シャムが

「やだ後ろ・・見られたわ。後ろ見て、バジル」とシャムは言う。
シャムの胸を見えないようにかばいながら後ろ見ろって・・・

後ろを見ると、離れたところから、
むふふで頭が一杯の年頃の高校生が3人。

「見ちゃったぜ!」と、これ見よがしにニヤついている。

見えてもな、見ていなかったていで立ち去るのが
ジェントルマン!それが男だぜ!まったくガキども。

後で、でっかい、げんこつだからな!

(えっ、げんこつ?)
見上げた空は32
これは(可愛い足ニャ~)


なんてしていると、今度はシャムが大笑いし出した。

「見てみて!」と、さっきのガキんちょ共を見ろと言う。

どれどれ・・・ニャはは!

高波が、もともと腰まで下げてはいていた高校生の
海パンをひざまでずり下ろしたらしく
あわてて海パンを引き上げている姿が見えた。

シャムの胸にニヤついていた高校生のその顔は

シャムに、高校生のブラリンチョ(ティンティン)を見られたことで
真っ赤かのか。 耳まで赤い。

後の二人も耳まで赤い君を置いてきぼり。

きっとその二人も、ひざまでずり落ちずも
波に海パンを「ずりっ」と、やられたに違いない。

海パンをへそまで上げながら紐も結び直しつつ
急いで立ち去ろうとしている。
恥ずかしいのか、顔も上げずに
そそくさと背を向けて去っていった。

シャムの意味する大笑いがとどいたのか?
ブラリンチョがガキんちょで恥ずかしかったのか?
わからない。

どうやらバジルのでっかい拳骨は必要なさそうだ。

見ていないふりをすることがジェントルマンな
男だとわかったことだろう。

さてシャム、一泳ぎしてあがろうか。
シャムの手を引いて波に体を浮かせて
泳ぎ始めたが・・・・・・・・・つづく

ランキングに参加しています。
押していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

さめのヒレ!気づいた?

見上げた空は青かった!(2018夏・・・の続き)

シャムはなぜか準備万端!
スーツケースに水着を用意していた。

「沖縄の海に連れて行く」なんて
言っていないのに・・・。

目の前に広がる海は
きらきらと水面に光が乱反射!なんて
綺麗な青い海なんかじゃない。


ここは、手ですくう海水が、なんとなく半透明の
どちらかといえば茶色に見える海なんだ。

普段ならシャムのビキニに鼻の下が
砂まみれになるくらい伸びるところだけど

波は高く、心が少し緊張している。
だから絶対顔は、ニヤニヤしていないはず(笑)

長い長い砂浜の人がいる海水浴場はさけて
すこし小さな砂浜へ連れて行った。

こっちは人がまばらだ。
なんとなく、秋の始まりを感じさせる。

と、言ってもシャムとの海はテンションが上がる。
二人で腰くらいまで海に入りつつ、バシャバシャ。

やっぱり波が気になるなぁ
なんておもっている所に・・・・信じられない!

バジルの視界に入ったのは
幼稚園位の妹の手を引いて海に入ってくる
小学2,3年くらいの女の子の姉妹だ。
えっ、親は!
親はどこにいるんだ?



見渡しても親らしき人はいない。
水着を着ているから海水浴に来たのは
わかるけどこんな子供だけって・・・。

もう、気になってしょうがないよね。
だって波は荒いし、・・・・。

バジルは、子供は苦手。好きじゃない・・。
でも、目を離すわけにはいかないじゃんか。

シャムとの会話も上の空のほったらかし
(シャムは気にしていないけど)


しびれを切らして
「海から出なさい」と、注意しようとしたそのとき、

大きな波がブレイク寸前で迫ってきた。
軽くバジルの背を超える高さだ。

とっさにお姉ちゃんの手を握り、妹らしき
女の子を肩まで抱き上げて波のうねりに
あわせて足がすくわれないようにジャンプした。

波がバジルたちを持ち上げてそのあと
しぶきを上げて砕けた。
運よく足がとられることも無く波のうねりを
やり過ごした後に砂地に足が着地したけど
波の高さにジャンプは追いつかずバジルの顔は
海中だ。高く抱き上げた女の子の顔も波にあたっただろう。

着地して二人の無事を確認するも泣き出してうるさい。

もう海岸で見ていた親は心配で駆け寄ってくるだろう・・・。
・・・・・・・・・来ない? どこにも・・・・居ない?

お母さんやお父さんはどこにいるんだ?

危ないから海から早く出なさい!と促した。

妹の手を引いて砂浜へ上がったのを確認したが
そこに駆け寄る親の姿はない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・まったく!・・・

・・・そんなことよりシャムは?

振り向いてシャムを探す。
・・・・シャム!
大声でシャムを呼ぶバジルだった。

つづく・・・。

ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018夏、猛暑・・・時々じゃじゃぶりの雨にぬれて

あのにゃ~、バジル!
2018季節1 あ





いい加減、さぼり過ぎだぎゃ~(名古屋弁?)
2018季節2あ




寒い寒いのネコ貴婦人
2018季節
の季節は過ぎて・・・






暑い暑いのおっぴろげ~
2018季節4
な猛暑にもかげりが見え隠れの


もう
タイフ~ン(なんかふ~ンな文字が色っぽい)の
季節にゃ~!

だってさ、
「お前たちのマンマ稼ぎに行って
帰ってくると、可愛いお前たちをもじゃもじゃするけれど
お前たち猫僧のウンチ君とかマンマの用意とか・・
もう疲れて、バタンキューって寝ちゃうんだもん。」

そんなのは言い訳にゃぁ~。
遊んで遅いくせに・・・。

ネコ飼いブロギャーは、みんな、
疲れていても更新してんるんにゃ
それにニャッ!
おりたちのマンマ代より
シャムへのプレゼント代が高いのは・・・、
ぜ~んぶ、お見通しにゃっ!

バジル「・・・・・・・・・・・。・・・・・・・・・・・・。」

さぁて皆さん!
久しぶり~!こんにちは。

コーヒーの用意はいい?
焼酎でもワイン片手でもいいよ。
バジルの話に付き合ってもらおうかな(笑)

季節、季節、季節の移り変わりを
ネコ毛やイヌ毛の散乱具合で感じている皆さん。

動物は季節の移りを感じることで
命を守る。命をつなぐ。

季節の変わりイヤ、あえて地球の変動に
一番鈍感なのは人間なんだよね。
オゾン層に影響を与える
悪さをしているくせにさ。
ああ、鈍感だから悪さしてるのか。
気づいてからじゃ遅いんだぞ。人間!

(おっと、軌道修正!軌道修正!
このままだとヘビーな話が続くから・・・。)



バジルは大のおばあちゃん子。
おばあちゃんは心配症で
バジルに甘い甘いの
砂糖プラス蜂蜜菓子って感じ。
いつもバジルを心配してハラハラしていた。

そんなおばあちゃんは、
夏になると、
「お盆が来たら海に行ってはだめなのよ。」
と言っていた。

それは、なぜなのか。

幼い頃、母に聞けば
「お盆は、あの世からの里帰りの時期。
水に入ると足を引っ張られると昔から言うわね。
実際には台風の時期と重なるから
見た目より海流が激しくなるので危ない。と、
いうことだと思うけど、大昔の人は
そんな科学的なことはわからないから、
そんな風に言ったんじゃないかしら」

と聞いた。

昔から伝わる「お盆が来たら水にはいるな」の
意味を否定するわけではない。
それをいい意味で聞き取れば
おうちでご先祖様をお迎えして
食事と団欒を家族で楽しむ。結果
ご先祖様と過ごすことで危険な海とかに
近づかず無事に過ごす。
「守ってもらった。」につながるし。

台風などが作用して海が危険だ。を、
信じるにしても同じこと。
(結果、危険回避の意)


家では、それをきっちり守っていたので
子供の頃の夏休みの海水浴は7月下旬から
8月はじめの父が休みの日。
〇〇〇ランド類の遊園地とか動物園なども
お盆前に連れて行ってもらっていた。

そしてお盆はお墓参り。
これはご先祖様への感謝の気持ちや
敬いの心をきっちり自然に持つようになった。
また、「なる。」と思う。
日本のいい情操教育なんだなと、今思う。

(夏休みも終わりに近いぃ。なんて
感じていたのかな。子供の頃は・・。)


だけど、今のバジルは
お墓参りもサボり・・・そう、さぼりだよね。
あんまり行っていない。


話を、少し巻き戻して
友達と遊びに出かける年頃になっても
おばあちゃんの言うことは守って
お盆になってからの
海水浴はいかなかったのに・・。

毛色の違うシャムな彼女のシャムを
日本につれてきた夏休み・・・。
「シャム!海に連れて行くよ!」と
(心の中では、行ってもいいのかな。
・・・大丈夫さ)
なんて葛藤しつつも、おばあちゃんや家族に
内緒で海へ出かけたのだった・・・。

続く
二つランキングに参加しています。


にほんブログ村



今日も遅い?

こんにちは、
ブログ更新できていませんが、
「猫の足跡」にコメントくださった皆様、
お返事書かせていただきました。
時間があったらのぞいてみてくださいね!
プロフィール

バジル

Author:バジル
猫は最高!
コルベットの
曲線ってセクシー
ダイヤモンドは
永遠にって感性

お気に・映画・
王冠
黒猫
現在の閲覧者数:
記事カテゴリ
全記事表一覧示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新記事 8
猫と映画とドラゴンカフェ
Ciao!
Grazie per il suo pensiero! 
・リンク・
いい感じ[順不同]
海賊ニャンコ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。