魔法のジェムストーン

光源によって様々な色に変化する不思議な石。
酸化鉱物で、金緑石クリソベリルの変種。
何のことかわかりますか?

叶恭子さん、お気に入りの宝石
アレキサンドライトの事です。

アレキサンドライトは、またの名を
魔法のジェムストーン

今日はそんなお話!

アレキサンドライトが初めて発見された地は
ロシア、1830年の事です。

さんさん輝く太陽の下掘り出されたそれは
緑色に光り、エメラルドと間違われたそうだ!

夜になり
宴の最中にそれを持ち出してみると
その石は紅く輝いていた。
(蛍光灯の光に反応して)

人々は驚きと歓喜の声をあげた。
後になり、光源によって
発する色が変ることが分かった。

その日は
ロシアのアレクサンドル王子の
18歳の誕生日。その名をとって、
アレキサンドライトと名づけられた。

後のアレクサンドル二世のこと。

今でも採掘量は少なくて、とても高価だけど
人工石も出回る中、見分ける事が非常に難しく
専門家でも
間違うことが多いんだって!(なんだよ~それ)

以外にも、
鉱物としては皆さんご存知の
にゃんこの目=キャッツアイと
同じ仲間なんだよ!

宝石としても貴重だけど
世界中が、「飛び出せ宇宙!」と
張り切っている宇宙事業にも大活躍!

勿論、それには量が必要なために
人工のアレキサンドライトが
使われているそうです。

地球上に降り注ぐ有害な宇宙線を
オゾン層が遮ってくれているのは知っての通り

なので宇宙は有害な光線であふれている。
その宇宙線を遮るのに使われているのがこの石。

光線をカットする性質を持っているので
宇宙船の窓は、
このアレキサンドライトで、出来ているそうですよ。

その窓から見る地球は、7色に輝くのだろうか?

さて
ヴェニスで購入した本物のヴェネチアグラス。

訪ねたお店で、談笑することしばし

「光源によって、色が変わるんですよ。
  私がつくりました。唯一の物なんです」と
言うと品物を出してきてくれた。

サンマルコ広場からボートに乗って
古い職人をかかえるヴェネチアグラスの町まで
行ったのは正解だったようだ。

ヴェニスに行くたびに何気に寄ってみる。
(楽しみの理由はね・・・ニャふ~。
            また、いつか)

色の変化に注目!

   b・v1
   b・v2
    (紫から水色に変化!)

これが太陽光に蛍光灯・白熱球・LEDほか
自然光の朝・夕・晩の光の強弱に
色が様々に変化します。

デザインはなんか古臭くて嫌だけど・・・
伝統の柄なんだって。花柄って・・・
仕方ないか・・でも

買って良かったと思うひとつ。

ヴェニスのサンマルコ広場付近では
観光土産用の粗悪品が安く売られています。
面白いのでこっちも買ってみた。
違いは明白!

その話しはまた・・・。

ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

バジル

Author:バジル
猫は最高!
コルベットの
曲線ってセクシー
ダイヤモンドは
永遠にって感性

お気に・映画・
王冠
黒猫
現在の閲覧者数:
記事カテゴリ
全記事表一覧示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新記事 8
猫と映画とドラゴンカフェ
Ciao!
Grazie per il suo pensiero! 
・リンク・
いい感じ[順不同]
海賊ニャンコ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: