スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫も人間も、まじめなうんち渋滞の話し

猫の多頭飼いをしている人にはわかると
思うけど、猫のトイレ・・・時々
うんち渋滞!
起きるよね(。うんうん、うなずく)

なんでこっちのトイレだけうんちだらけ?とか。
猫はトイレにうるさい。(注文が多いの意)
猫は、おトイレこだわり派なんだよね。

今日はね、猫も人も・・・「へぇ」・・・とうなずく
まじめなうんち君などのお話し・・・・・。


ハイヒールを履きこなせる女性は・・・
日本では見かけない。(姿勢が美しくない)
履きこなせば、
素敵な女性に大変身のハイヒールなのにね。

このハイヒールが、
もともとは道に捨てられた汚物の泥どろに
スカートの裾が付かないように考え出されたのは
有名な話しで・・・・その昔、ヨーロッパでは
汚物(糞尿)は、窓から道にポイと捨てられていたんだよ。

とても不潔な環境から、ヨーロッパでは
ネズミ大発生・・・・ペスト大流行へ発展して行った
要因のひとつになっている。

ハイヒールも山高帽も外套もすべては
窓から投げ捨てられる糞尿よけとして発展したんだ。

日本は湿気が多い気候からか、大のお風呂好きな国民へ。
行水もあったし、なにより、
川を利用した世界初の水洗トイレもあった。
現代でもトイレやお風呂先進国の日本。
世界のセレブがウォシュレットを買い込んでいく話は有名。

話を昔に戻すと
畑の肥やしにするために長屋などのそれ(うんち)は
高値で買い取られていった。しかし、一方で
ある地域では特定の道にされていたこともあるらしい。

綾小路、何とか小路とつく名前を聞くと
京都っぽいとか想像しませんか?
どのみち(笑)(道にかけたのわかるかな?)
清潔な印象を受けるこの名だけど・・・

何とか小路と名のつくところは
もともと行き止まり道の事らしく、そここそが
昔の人のうんち渋滞の場所だった。

ハイヒール同様に日本の高下駄や一本下駄なんかは
そこを利用するのに使われたのが始まりだという
「隠れたトイレの昔話」の本を読んだことがある。

いつの間にか雪道用の雪下駄とかに
話が曲がっていったらしいけど
トイレは昔、「雪隠」と呼ばれていたことから考えると
なるほど!「雪」にかけたか」と思えるよね。

この雪隠(せっちん)という言葉は、今でも
ことわざに使われている。
大概、人に見られないように
隠れて物事をなすことの意味に使われる。

トイレという場所は、もともと人に見られないように
隠れてする場所で、一人になれる落ち着ける場所とも
言える。

落ち着く場所・・・・それは、
猫にも言えること・・・だよね。

それでね・・・猫の・・・・・・・・  続く

ランキングに参加しています。

にほんブログ村
スポンサーサイト

てー変だ、てー変だ!猫の瓦版

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

きんぐの翼

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ちゃぼ猫

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

はぐれメタルな猫

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

バジル

Author:バジル
猫は最高!
コルベットの
曲線ってセクシー
ダイヤモンドは
永遠にって感性

お気に・映画・
王冠
黒猫
現在の閲覧者数:
記事カテゴリ
全記事表一覧示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新記事 8
猫と映画とドラゴンカフェ
Ciao!
Grazie per il suo pensiero! 
・リンク・
いい感じ[順不同]
海賊ニャンコ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。