スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←あの物語・・・。 →思う事は・・・・ひとつにゃ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png ネコ族話と映画
もくじ  3kaku_s_L.png にゃんこ
もくじ  3kaku_s_L.png 猫マンガ
もくじ  3kaku_s_L.png レトルトカレー
もくじ  3kaku_s_L.png アイス系
もくじ  3kaku_s_L.png 食学・論
もくじ  3kaku_s_L.png 四次元BOX
もくじ  3kaku_s_L.png 宝石&鉱物
もくじ  3kaku_s_L.png Books
もくじ  3kaku_s_L.png チーズ
  • 【あの物語・・・。】へ
  • 【思う事は・・・・ひとつにゃ!】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

いろいろ

生き物なんだぞ!

 ←あの物語・・・。 →思う事は・・・・ひとつにゃ!
ネットで嫌で悲しいニュースを見た。それは、
ある夫婦が引越しの際に一緒に暮らした猫と飛行機で
アメリカへ。
搭乗の際には、猫の飛行機代金13万円と専用ゲージを
購入させられて・・・ところが、いざ空港に到着すると
飼猫の姿がない。
航空会社は、猫はいません。の答え。(怒)
渡されたゲージは、ひどい状態で穴が凸凹に開いていた。

これは、どんなに乱暴なゲージの扱いを受けたという証拠。
猫きらいの人間の故意的な行為ともとれる。

猫はそのまま行方不明で、夫婦は支援団体に協力を
してもらい空港をさがすそうだけど・・・。
出発前なのか、後のなのか?それによってもどっちの
空港かわかんなじゃないか。
それに空港は外も含めて広い・・。
家の中で、姿を探すだけでも大変なのに。

この航空会社、以前にも猫のその様な事があって
2ヶ月近くして発見された猫は
衰弱や怪我が激しく安楽死させられたそうです。
(なぜ、安楽死って?。もっともっと・・ケア出来たはずじゃ・・)

取り扱いが乱暴で海外では、
預けたスーツケースが破損するケースが多い。

でも、猫や犬は、血の通う生き物なんだよ。
そのゲージを破損するまでブン投げるってどういうことだ(怒!)
それが原因の怪我や直接の死にだってつながる。

以前も同様の事件があって、今回も又・・起きた。
この航空会社の「改善します。」は、口先だけだろうし、
虐待容疑で捜査すべきだと思った。

飛行機内のスーツケース収納庫は、
飛行中マイナスウン度になる。
昔はそんな所に猫も犬も荷物と共に入れられて、
さらに、到着後の検査の後に引き渡されるまで1週間以上もあって、
猫は病気や餓え(猫は物を食べなくなるでしょ)で、
飼い主の手に戻らずに・・と、言うケースが多かったそうだ。
生きてたどり着くのも数匹。さらにその後、元気で共に
新天地で暮らせる猫は少なかったそうだ。

でも、今回みたいに、生き物が入ったゲージの状態から
察すると、今でもさほど変わらない扱いのようだ。

今は、犬や猫などの動物を入れる部屋は温度管理も
調整されている部屋を使用するとは言うけど・・。
あのゲージの損傷からすると他の荷物と一緒に
荷物収納庫に放り込まれた可能性の方が強い。

もし、みなさんがどうしても愛猫と海外へ渡りたいときは
荷物とかペットとかとしてではなく、
家族として隣に席を確保できる航空会社を選んでね。
今はそれが出来る会社があります。

見えないところで虐待を受けて姿が消えるより
隣の席にいるほうが安心でしょう。
ただし、猫嫌いの人や他の客からの苦情が出るのも
考えなきゃいけないけど、正規の料金を支払って
愛猫の席を確保しているのだから、そんな客は
キャビンアテンダントに対応を任せましょう。
猫の方が大事!

どうか、行方不明になってしまった猫ちゃんが
無事にみつかりますように。
その後も無事でありますように!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png ネコ族話と映画
もくじ  3kaku_s_L.png にゃんこ
もくじ  3kaku_s_L.png 猫マンガ
もくじ  3kaku_s_L.png レトルトカレー
もくじ  3kaku_s_L.png アイス系
もくじ  3kaku_s_L.png 食学・論
もくじ  3kaku_s_L.png 四次元BOX
もくじ  3kaku_s_L.png 宝石&鉱物
もくじ  3kaku_s_L.png Books
もくじ  3kaku_s_L.png チーズ
  • 【あの物語・・・。】へ
  • 【思う事は・・・・ひとつにゃ!】へ

~ Comment ~

Re: なっつばーさんへ

そうですか・・・。日本でも。
熱中症かもしれませんね。本当に温度管理のされた所にいたのか?
荷物と一緒に積み込まれた可能性のほうが強いですよね。
航空会社が罪に問われないとは?おかしいですよね。
スースケースでも、保障で直してくれるのに・。
まして動物は命です。保障があるからとかじゃなくて
なんて言ったらいいのか。航空会社は、しかるべき罰を受けて
今後の改善と動物の移動の透明性を確保する義務を負うべきです。

家族である犬や猫と旅行ができるって
本来素晴らしい事だと思います。
どんな移動でも目の届くところに居て欲しい。し、
それが当たり前な世の中であるべきだとおもいます。
禁煙分煙があるなら、動物同席席だってあるべき。あっていい。

本当にその猫が、無事に飼い主と会えることをねがっています。

NoTitle

わんこでも似たようなことがありましたね。
日本で、夏のこと。
旅行先で受け取った時の愛犬は息も絶え絶えで、病院に行った時には亡くなっていたそうです。
ペットを入れる場所は温度管理がされていても、飛行機に乗るまではどこに置かれていたのか?
熱く焼けたアスファルトに近い場所で、積み込まれるのを待っていたのかもしれません。
その仔はチワワだったそうです。
飛行機会社には罪は問われないのだそうですね。

一緒に旅行に行くのが好きです。
でも、一緒に移動できない交通手段は選びません。
例えば万が一の事故の時にも、離れ離れになりたくないですから。

時間がかかっても、無事で発見されて欲しいです。

Re: すもっちさんへ

見えない所へ預ける形は嫌ですね。
不安が消えないし。

どうか無事で見つかって飼い主の元に
もどってほしいです。

NoTitle

なんだか。。。
何も言えないです。。
ただただ無事で。。。
飛行機に毛物さま。。。
嫌いなんです。。。イヤなんです私。。。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【あの物語・・・。】へ
  • 【思う事は・・・・ひとつにゃ!】へ

INDEX ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。