スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←太陽に輝くモモの姿 →ジャジャ~ン!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png ネコ族話と映画
もくじ  3kaku_s_L.png にゃんこ
もくじ  3kaku_s_L.png 猫マンガ
もくじ  3kaku_s_L.png レトルトカレー
もくじ  3kaku_s_L.png アイス系
もくじ  3kaku_s_L.png 食学・論
もくじ  3kaku_s_L.png 四次元BOX
もくじ  3kaku_s_L.png 宝石&鉱物
もくじ  3kaku_s_L.png Books
もくじ  3kaku_s_L.png チーズ
  • 【太陽に輝くモモの姿】へ
  • 【ジャジャ~ン!】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

にゃんこ

もも、一緒にいてくれてありがとう。

 ←太陽に輝くモモの姿 →ジャジャ~ン!
続きその4

帰宅すると、わらわらとまとわり付く猫僧たちとは別に
バスマットの上に箱すわりしてるももの姿が目に入った。
ドラゴが近づいても逃げない・・。とても嫌な予感がした。
バスマットには、吐いたのだろうか?ドス黒い血のあとがある。
ももに触れるのが怖かった。
この状態で触ろうとしたら、瀕死の力で逃げるんじゃないのか。
見失ったら・・。立ち上がることが致命傷になったら・・。

恐る恐るモモの名を呼びながら背中に触れた。
どうだろう・・・・。なんだなんだ。
モモは、嬉しいという顔をした。
撫でろと横になってお腹をみせた。

今までみたいに緊張して体をこわばらせる事も無い。いや、
もうそんな力も無かったのかもしれない。
でも、あの時のモモは、確かに嬉しそうにお腹を出した。
触れたとたんに満面の笑顔・・・。モモから伝わる安堵感。

「ドラゴが、やっと帰ってきた。きっっと助けてくれる。
ドラゴはいつも言っていたんだ。どこか痛いときは
すぐにドラゴに言うんだよ。きっとたすけてあげるから」って。

だから、きっと
ドラゴ、痛いよ。ドラゴが帰ってきた。
「これで安心だ」って顔をしたんだ。
あんな嬉しそうな顔。
お腹を撫でられて初ゴロゴロを言おうとしたモモ。
でも、その吐息に雑音が入る。どうしたもも。
何があった?
苦しそうなモモの鼻には血が詰まっていた。
すぐに指で取り払い救急病院へ連絡をした。

モモの身体に外傷はない。
どこかを強く打って内臓にダメージが起きたのか?
他の猫とケンカは今までないしケンカの後もない。
高いと所から落ちた可能性はある。
何かを口にしての中毒か?
(ベランダの猫の姿に、中毒物を投げ入れられたとか)

車が到着するまでなんて長く感じることか。
モモは、目を離したその間に、
なんとドラゴの部屋のテーブルの下に
よろよろと移動していた。
「ここは安全だからね。」と教えたこの場所に。

車に乗り込むまでには、
抱き上げたモモの体は濡れタオルのように
冷たく、ぐったりして力がない。

病院での処置は出来る限りの検査と、対抗処置。
ウイルス感染症、何も反応はない。
血液検査で出たのは、極度の血液の不足。
それに伴う低体温。
緊急の輸血が必要な状態。

見落としはないのか?
打撲による内臓損傷を疑うレントゲンは?CTは?
中毒検査は?なぜ、血を吐くんだよ口や鼻から
貧血で血を吐くのか?

モモの治療は、
抗生物質の輸血と体温を温める湯たんぽと酸素室って・・。
何やってんだよ!体温を回復させるためにショックが無いように
計算した温度の食塩水の点滴は?
抗生物質の点滴は体が冷えるし
血液が足りない状態で緊急の回避処置と言えるのか?

命を救うのには輸血が必要・・・・。輸血・・・。

(輸血と言う行為は、猫にとってする方される方
両方にリスクがあります。このことについて詳しく後のブログで
かきたいとおもいます。)

今のモモを救うには輸血が必要。だけど、今のモモには
それに耐えれる体力が無い。輸血は万能ではない。
拒絶反応が出たら・・。そして、輸血にももの体力が負けたら・・・。

輸血を提供する猫の健康や命の保証も無い。そんな・・。

命を救うために命を奪いかねない事はできないし。

輸血のために最低限の年齢と健康を保障された
若猫ちんもいない。
できない・・・・。

酸素室で一匹・・・。ももをこんな四角い箱の中で
一人にするのは嫌だ。
ももは、こんな所嫌なはずだ。怖いはずだ。
ももを抱っこしてあげないと。
ももに触れてあげないと・・・。


モモを連れて家に帰る。そう決めた。
抱っこして温かくして、家で酸素をモモにあてて
翌日の緊急処置に賭けることにした。

家に着くと空はもう明るかった。
モモを酸素で満たされたゲージに寝かせたけど、
悲しそうに声をあげる。ダメだダメだ。
モモを一人にしちやだめだ。そう思った。

モモを抱っこしてベットに横になった。
なんか、モモが安心してくれたように感じた。

口に酸素をあてながらモモを抱きしめて声をかけ続けた。
数分おきのうなり声は、一ヶ月前の出来事を蘇らせる。
やっぱり苦しかったんだよなモモ。
声をかけるとモモの苦しい声は心なしか落ち着く。
それの繰り返しだ。モモがんばれもうちょっとだ。
ちゃんとした設備で助けてやるからな!もも!

うなり声・・・。もも、大丈夫か?もも・・。
・・・・・・・・。・・・・・・・。!数分おきのうなり声が途切れた。
はっとして、抱いてるモモの顔をのぞいた。
モモは、答えない。目を開いたままももは逝った。
最後の最後。ドラゴはモモの目を見て見取ってやれなかった。
少しうとうとしながらモモに声をかけて酸素をあてていたんだ。
どんなに叫んでもモモは帰ってこなかった。


こんな形でモモを抱っこするなんて・・・。
こんなにしっかり抱っこできたのが最後の最後なんて。

嘔吐した血、涙,・・。

ドラゴは、モモをお風呂に入れることにした。
モモはレディーだから、綺麗綺麗しないとな、モモ。
皮肉にも、家猫になってから2度目のお風呂だなんて。

冷たいモモの体を温かいお湯で洗ってあげた。
体を拭いても拭いても、モモの体は、涙で濡れるんだ。

「暖かくなったら、ジャッポに入ろうなモモ!」
「そろそろ抱っこさせてくれよ、モモ!」
そう言っていたのに・・。
まさか、こんな形でなんて・・・。


   もも、一緒にいてくれてありがとう5
ドラゴを見上げるモモ。この姿は白ヒゲと同じ。
皆、ドラゴを見上げるんだ。


一ヶ月まえのもも。 
  もも、一緒にいてくれてありがとう3
数分おきにうなり声をあげた朝。


それから、何事も無く
(無いって思っていただけなんだよな)
   もも、一緒にいてくれてありがとう1
最近、2番隊長でベットに起こしに来てたモモ姫。

あっ!もも。
  もも、一緒にいてくれてありがとう2
ドラゴのベットに寝てたモモ。それも枕元に・・。
ニヤニヤ。

異変の2日前、6月18日・・・。
珍しい物がいっぱい!
今日はドラゴシェフ登場か!
  もも、一緒にいてくれてありがとう4
中身を取り出したウニ殻に興味深々のもも。
ウニはダメ!
この後、味付けなしの魚をゲットしたももちゃん。  

こんなに元気だったのに・・・
2日後、6月20日留守中のモモに何があったんだ。
・・・・・・・・・・・・・・・。モモに異変。
2015年6月21日日曜日早朝6時・・・・。
モモ姫、永眠。
もも、お家に来てくれてありがとう。いつも
一緒にいてくれてありがとう。
信じてくれてありがとう。

安らかに元気で走り回ってくれよ。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png ネコ族話と映画
もくじ  3kaku_s_L.png にゃんこ
もくじ  3kaku_s_L.png 猫マンガ
もくじ  3kaku_s_L.png レトルトカレー
もくじ  3kaku_s_L.png アイス系
もくじ  3kaku_s_L.png 食学・論
もくじ  3kaku_s_L.png 四次元BOX
もくじ  3kaku_s_L.png 宝石&鉱物
もくじ  3kaku_s_L.png Books
もくじ  3kaku_s_L.png チーズ
  • 【太陽に輝くモモの姿】へ
  • 【ジャジャ~ン!】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【太陽に輝くモモの姿】へ
  • 【ジャジャ~ン!】へ

INDEX ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。